タッキーのテニスクラブ開校への道のり

タッキーがテニスクラブを開校するまでの日々の過程を日記形式で紹介します。 クラブホームページTOPへは、下記のアドレスをクリック!

タキザワテニスクラブ☆TTChttp://ttstakkii.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姿勢の重要性

以前「動きやすい姿勢」について少し書いたと思います。
これの深層は、何をするにも姿勢は大事ということです。
スポーツするにも、勉強する、本を読む、家事をする、仕事をする、運転するなどでも、歩く、立つ、座る等の日常において、
それをする姿勢は、常に体に大きく影響します。体だけではなく脳にも影響すると感じます。
私は、テニスをやっていたおかげで、自身の体で実際にこれらを体験して、これに気づくことができました。

人間の体は本当に良くできていて、不格好な「姿勢=動き方」でも(体の使い方が悪くても)簡単な作業は出来てしまう。
またある程度のことは、何回も繰り返し行うことでスムーズに出来るようになってしまう。
だからこそ下手な体の使い方が存在するのでしょう。(テニスにおいての下手な動き(姿勢)と良い動き(姿勢)が存在するように)
でも状況が難しくなるとうまくいかない、体に負担が掛ってしまう(怪我をする)。
スポーツをする本当の意味は、「姿勢=動き方」(体の使い方)の改善であると今は思えます。

以前は私も「なんでも勝てば良い」という考えもありました。
しかしこれは「ただ下手な動きをたくさん繰り返して慣れただけ」だと気づきました。これにはいずれ打ち止めが来ます。
実際に自分もこれをやっていたと思います。もちろん当時は自分なりにいろいろ考えながら練習していましたが、実際の動き自体はほとんど変わっていなかった。。。動画の映像を見ればわかります。。。
両方やったからわかりますが、これは技術の上達とは言えないでしょう。

まずは、結果(ボールの行く末)よりも姿勢良くテニスをして見てはどうでしょうか?
そうすれば動きの改善に興味が湧く!かもしれません。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。